テーマ:思い出

卒業写真 

以前にも書きましたが、私が生まれて初めてお酒を飲んだのは19歳の時。 はい、もちろん法的には違法ですね。 場所は池袋の駅ビルにあるお店だったと思います。 もう30数年も前のことなので、店名は覚えていません。 とてもお洒落なお店だったということだけは記憶しています。 一浪して大学に合格したことを、友人と二人で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想い出がいっぱい

先日の仕事帰り、地元の駅前で小学校時代の同級生と偶然出くわしました。 本当に久しぶりだったのと、たまたま時間があったので、そのまま居酒屋に直行。 お互い、時の流れに気づきつつも、空白の時間はすぐに埋まりました。 「変わらないね」の言葉に、「年とっちゃいました」と私。 「気持ちはあの頃と全然変わってないんだけどね」 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新宿パークホテル 1979

唐突なタイトルですみません。 久しぶりに日記を開いたら、このホテルの名が出てきました。 あの頃は何を考えて生きていたのだろうか。 秋になって寂しくなると、どうしても昔のことを思い出したくなるようです。 悪い癖ですね。 1979年9月16日(日) くもり ※原文を抜粋し掲載します。 アルバイト最…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ALWAYS東北旅行偏「台温泉の夜」

1978年7月24日 夜21時 池袋駅前でT崎、A木と待ち合わせ。 「ユウ」という喫茶店でS田を待つ。 やがて、三越前にてS田と合流。 4人でレンタカーに乗り、東北自動車道岩槻インターから一路盛岡へと向かう。 23時37分、佐野SAで軽い夕食を摂る。 6時06分、終点の盛岡南インターに到着。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ALWAYS(20代偏)

ある方から「子供時代や家族の写真をパソコンに取り込んでみたらどう!」 というアドバイスがあったので、さっそくやってみることにしました。 ところが、意外とないものですね。 ブログにアップできるような写真。 私が子供の頃は、写真1枚の値段も相当高額だったと記憶します。 そのため、めったに写真を撮るようなことはありませんでし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

旅の途中

もうこんな時間です。 早いですね。明日も仕事。夜更かしは大の苦手ですが、記事を更新することにします。 3年前に一度書いた話ですが、今夜はもう少し詳しく書くことにします。 何故?そうですね、他に書くことがなくなったということ。 それと、敢えて言えばなんとなく思い出してしまったから。 そして、忘れないうちに記録に留めておこう、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

イエスタデイ・ワンスモア

昨日、久しぶりに実家へ寄った際、自分の部屋の本箱から懐かしいものを発見しました。 それは、二十歳の頃の自分の日記帳です。 以前、1978年の日記を見つけたことがありましたが、これは全く記憶にありませんでした。 こんな日記をつけていたこと自体、すっかり忘れていたのです。 私が日記帳の頁をぱらぱらっと捲っていく。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

チョコレートに思う

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣って、いつ頃からあるのでしょう。 私が子供の頃にはなかったような気もしますし、貰ったことがないから記憶にないだけなのかも知れません。 あっ、時期外れにこんな話題でお茶を濁してすみません。 そういえば、最近は職場の義理チョコも全くなくなりましたね。 (私が貰えなくなったということでは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ひと時のタイムスリップ

大学へと続く坂道の途中にある踏み切りです。 ほぼ毎日通いました。 20数年前と変わらぬ風景です。 駅舎も、当時の雰囲気のまま。 ここに降りたった瞬間、タイムスリップしたような錯覚を覚えました。 いや、それを願っていたのかも知れません。 20数年ぶりに、(11月4日)母校の学園祭を覗いてきました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ALWAYS

昭和30年代の母と私です。先日、子供たちのアルバムを整理していて偶然見つけました。 幼いのに随分と気難しい顔をしておりますが、案外かわいかったようですね(笑) もっとも、今では見る影もありませんが。 時というものは気がついてみると、意外と早く過ぎ去るようです。 覚えていた記憶も徐々に薄れて…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

檸檬

今夜も少しだけ、この前の続きを話させてください。 もちろん、静かに聞いていただくだけで結構ですよ。 実は私のこれまでの人生で2回だけ、生意気にも女性を振ったことがありました。 いいえ、決して自慢話ではありません。 どちらかといえば、苦い思い出です。 一つは、私が高三のときの話です。 相手はまだ高校1年生。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夏が来れば思い出す

最近どういうわけか、昔のことをよく思い出すようになりましたね。 そこで、今日は少しだけ恋愛について語らせてください。 この年齢になってよくよく考えてみると、私の恋愛は“寅さん”に似ているな、なんてことを思うのです。 寅さん、私にとってはある意味憧れの的です。 ご存知フーテンの寅さんは、毎回マドンナに振られ失恋を繰り返…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

懐古趣味

私が学生の頃は、飲んでは夜通し語り、歌をうたい、最後は誰かのアパートで雑魚寝する、というのが当たり前でした。 今のように賑やかな夜ではなかったですからね。 お酒も下宿やアパートで飲むことが多かったと思います。 ビールは高かったので、たいていはコークハイだったでしょうか。 こういう飲み会や泊まり(女性と泊まったことはあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『すご~く後悔していること』~1978年の日記より~

以前、素人の『欽ちゃん劇団』のMさんのことを記事にしました。その続きです。日記に手を加えてみました。長いので退屈になったら、遠慮なくクリックしてください(笑) 自分の記憶の整理のため、自己満足で書いているだけですから……。 Mさんと出会ったのは、新宿にある某ホテルの一室でした。 私は夏休みを利用して、そのホテルでアルバイト…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

1978年9月の日記

【9月17日】 ≪ついに『民法』のレポート21枚が仕上がりました。今日は中秋の名月十五夜で、しかも皆既月食のある夜です。今夜はずっと月を眺めていよう。音楽でも聴きながら。≫ 【9月18日】 ≪いよいよ後期の授業がスタートしました。久しぶりに学校に行って久しぶりにS田やソクラ、F原に会いました。F原は車の免許を取ったそうです。ソ…
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

キャンディーズ解散

今日は何もネタがないので『1978年の日記』の8月3日を覗いてみました。 すると、友人と4泊5日で伊豆大島へキャンプに行った様子が書かれておりました。 で、ごめんなさい!今日書くのは、キャンディーズの解散のことです。キャンディーズといっても、若い方はご存知ないかも知れませんね。 昔のアイドルで、大変人気のあった女性3人のグ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

☆1978年の日記 ≪その 1≫

実家の本棚を整理していたら古い日記を見つけました。私が学生の頃つけていたものです。その日記は昭和53年3月17日から始まり、12月31日で終わっていました。気まぐれな私のことです。おそらく春休みに急に思い立ち、つけはじめたものだと推測します。 ちょうど、学校からの成績表が届かず、もしや単位が足りずに留年、という不安を抱えた毎日の様…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

泣きなさい 笑いなさい

♪川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが つくころには 花として 花として 咲かせてあげたい♪ 私の知人K子さんは、子供の頃から苦労して家のために働きました。 自分を犠牲にして、家族のために働きました。 やがて、若くして結婚。東京に嫁いだのです。 しかし、家風…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

ブルースっぽいジャズを唄う先輩!

今夜も気分が良いので、古い話ですみません。思い出話です。 私は1年間だけでしたが、大学1年の時『フォークソング研究同好会』に在籍していました。 フォークとはいえ、実際はニューミュージックやロックなどをやる人ばかりでしたが・・・。 1年生の仕事は先輩の楽器運びとコンサートのオープニングに歌う合唱の練習。 毎日、そんなことを…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

団子坂慕情

団子坂を上ったところに私の出身高校があります。 この界隈には古道具屋や老舗のお菓子屋が点在し、今なお明治、昭和の名残が感じられるような街並みとなっています。 ところで、この坂ほど多くの文学作品に登場した坂も少ないと思います。 森鴎外の「青年」、二葉亭四迷の「浮雲」、また、この地に住んでいた夏目漱石の「三四郎」その他、幾多の作品…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

教師だって飲まなきゃやってられない気持ちわかります!

美衣弥さんのコメントを読み、長男の林間学校に一緒に行った時のことを思い出しました。今夜はその時のことを書かせてもらいます。(美衣弥さんすみません!) 長男は小五の時喘息で、発作時にはネブライザー(吸入器)を使用していました。そのため林間学校には親がついてきて欲しい、という学校の要請があり、私が参加したのです。長男もさぞかし恥ずかし…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

出会って半年で結婚しました

今日は職場関係の懇親会があり、先ほど帰ってまいりました。そんなわけで少しほろ酔い気分です。 今夜もちょっと昔話です。聞き流してください。 妻とは出会って半年で結婚しました。就職して3年目の夏。初めて会ったのは職場の受付。当時は同じ職場でした。目が合ったとき、彼女の頬がぽぉ~っと薄紅色に染まったような錯覚を覚えたのです。 以…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

欽どん(ちゃん?)劇団

今夜は昔話です。学生時代に『新宿パークホテル』というビジネスホテルでアルバイトをしていました。部屋の掃除やベットメイクをする仕事です。私はベットメイクが得意で、シーツに皺もなく、ビシッと完璧に仕上げることができ、達人?とさえ呼ばれておりました。??? と、そんなことはどうでもいいのですが、そのホテルによく泊まりに来ていた人たちがい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

インベーダーゲームとコークハイとバナナジュース

今夜はほろ酔い気分で昔話です。私の学生時代、インベーダーゲームが流行っていました。当時の喫茶店のテーブルは大抵インベーダーゲーム機になっていたものです。今思えば単純なゲームですが、当時は熱中しました。○○打ちとか○○名人とかがいたりして。私もよくやりましたね。 ゲームに飽きると仲間の下宿(小田急線沿線)で麻雀(それ以来全くやってま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

笑わない女の子

私が小学生の頃、近所に笑わない女の子がいました。遊び仲間の姉E子さんです。 E子さんは決して外に出ることはありません。いつも家の中から寂しそうに、弟や私たちを見ていました。 そんなある日のこと、事情を知らない私たちはE子さんを外遊びに誘ったのです。 そして、缶蹴りをしました。外に出てきたE子さんも一緒に。 なんとか笑わそうと…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

純粋な心を持ち続けたい

誰にでもある淡い思い出です。 学生時代の1人旅。電車で四国を一周したときの話。 高知から阿波池田へ向かう車中で出会った人たちとのお話です。 私の向かいに座っていたのは洒落た初老の男性。 そして発車間際に女性が飛び乗ってきました。 細い体でギターケースと大きなバッグを抱えて「あいてますか?」と。 向かい合わせで3人が一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

≪ぼくと友人と友人の彼女とその友人の生きる道≫

私の友人で職場の同期だったYが1月に突然他界しました。まだ再婚したばかりで、幼子が一人いました。奥さんが実家から戻って、布団の中で亡くなっている彼を発見したそうです。年末にちらっと見かけた時は、冴えない顔をしていたけれどまさか亡くなるとは。 死因は心筋梗塞とのこと。まだ四十半ばなのに・・・・。   同じ年代の仲間が亡くなるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S大学の広場 その2

 先日、大学時代の友人から便りが届きました。伊豆大島の差木地の教員住宅に住んでいるとのこと。もともとは埼玉出身ですが、伊豆大島の小学校に赴任したとのことです。彼S君とは大学時代の夏休み(以前書きましたが)伊豆大島に行ったことがあります。記憶に間違いがなければ、キャンプ場の場所も確か差木地だったと思います。  その彼が今、大島で教員をや…
トラックバック:0
コメント:142

続きを読むread more

波浮港を見下ろすラーメン屋

 先日某TV局の伊豆大島三原山火山の噴火による住民脱出劇の番組を見て急に思い出しました。私も今から20数年前、そう、三原山が噴火する少し前のころ。伊豆大島に行った時のこと。  まだ学生だった私は、友人たちと大島にキャンプに来ていた。ちょうど台風が上陸寸前で、広いキャンプ場で客は私たちだけ。しかし係りのおじさんは近づいている台風への注意…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ロシアパン

  朝食はロシアパンが好きだった。コッペパンのようでありながら、コクとほのかな甘味のあるそのパンが私はとても好きだった。用意する母親も、買ってきたものをただ切り分けて出すだけだからとても簡単。1センチほどに切り分けられたロシアパンを3つ、4つほお張り学校に行く。おいしくて簡単な朝食。あの味が今も忘れられない。 30数年たっている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more