『すご~く後悔していること』~1978年の日記より~

以前、素人の『欽ちゃん劇団』のMさんのことを記事にしました。その続きです。日記に手を加えてみました。長いので退屈になったら、遠慮なくクリックしてください(笑)
自分の記憶の整理のため、自己満足で書いているだけですから……。

Mさんと出会ったのは、新宿にある某ホテルの一室でした。

私は夏休みを利用して、そのホテルでアルバイトをしていたのです。

ひょんなことから、テレビに出ている素人劇団の女の子が泊まっているよ、という情報があり、

それでは訪ねてみよう、と2人の同僚と昼休みに訪ねることにしたのです。

何の躊躇もなく、いきなり部屋をノックする私たち。

「どちらさまですか?」
 
という東北訛りの聞き覚えのある返事がかえってきました。K沼ちゃんに違いない。

すぐに、警戒心のないK沼ちゃんが顔を出しました。

「あの、握手してください」

何を言うか決めていなかったので、とりあえずそう言ってみました。すると、

「握手ですか? Mさんもいるから呼んでくるね」

と東北訛りでそう言うと、K沼ちゃんは部屋に戻り、しばらくしてMさんとともに再び姿を現しました。

正直言って、この時点で私はまだ彼女たちのファンではありません。

「こんにちは。今、寝てたものですから、こんな格好ですみません」

ホテル備え付けの浴衣姿でMさんが言いました。そして、寒そうに腕を組んだのです。

その容姿はテレビで見るより遥かに愛らしい、と私は思いました。

「アルバイトですか?」とMさんが私たちに話しかけてきました。

「そうなんです。今、昼休みなんです」

「みんな、学生さんでしょう?」

Sがそれに答えるように、

「ぼくは灘高生です。今、夏休みでこっちに来ています」

え?灘高? 何で嘘を言ってるんだろう。高校生じゃないだろ。さらにSは続けて

「こっちが高校生のY君、それと、あちらが一橋大生の○さん」

と、私の方を指さしました。おいおい、勝手なことを言うな、私は一橋大生ではないのに。

本当のことを言ってくれればよかった、と思った時はすでに遅く、成り行きにまかせるしかない
雰囲気になっていたのです。

「一橋っていったら国立でしょ。すごいですね。将来は、そうね……防衛庁とかそういうところ
に就職するんでしょ。学部はどこですか?」

というMさんの問いに、私は

「ショウ学部です」と答えました。

これはほんとうでしたから。でも、別の大学のね。

「小学部? やっぱりね。なんか、こう、学校の先生って感じがしましたよ」

「いや、小学部じゃなくて、商業の商です」

「あっ、なんだ私はまた小学校の小かと思った。考えたらそんな学部ありませんよね。」

そう言うとMさんとK沼ちゃんは大袈裟に笑い、決めのポーズをとったのでした。

習慣とは恐ろしいものです。

「へえ~、それじゃ将来はどんな方向に進むんですか?」

Mさんの問いに、私は曖昧な返事しかできませんでした。まだ決めていなかったからです。

私は話題を変えようと思い、彼女たちが出演している番組の話をはじめました。

「この前見ました。よくやりますね。あれは台本があるんでしょう?」

「台本はないのよ。みんなアドリブでやっているの」

私は気になる出演料についても聞いてみました。

「出演料は、素人のお嬢さんにわざわざ来てもらって、出てもらってるってことで普通の新人よ
り多いみたい。あなたたちのバイト代の倍くらいかな」

私のバイト料は時給400円で4時間だから1600円。その倍で3200円?

私たちがよほどバイト料をもらっていると思ったのでしょうか。

「1回出演して、1万円くらいなの」

え、好きなことをやって、ホテルにも泊めてもらって1万円もらっているんですか。

「でも、みんな食べちゃうから残らないの。出演料もらえると思ってなかったもん。交通費だけ
かと。だから、初めて渡されたときは、え、もらっていいんですかって驚いたのよ」

昼休みも終わりに近づいています。パートのおばさんたちも戻ってきました。そして、

MさんとK沼ちゃんを見るなり、にこ~っと笑い、まあ~、テレビよりかわいいわよ、と言いなが
ら私たちの方を見たのです。

「もう1時よ、仕事、仕事」

「また、来ますね」

そういい残して私たちが立ち去ろうとした時でした。Mさんが

「一橋の人と握手させてください。一橋だなんてすごいですねっ」

と言って手を差し出してきました。

私は2人の同僚に悪いなと躊躇しながらも、緊張で汗ばんだ手を彼女に差し出しました。

そして、その後私たち5人は何回かこのホテルで会うことになったのでした。(続く)


でも、単にそれだけの他愛も無い話です。

今でも思うのは、この時私は何故一橋大生ではないと言えなかったのか、ということです。

自分で言ったわけではないにせよ、身分を偽ったことを、とても悔やんでいるんですね。

嘘は嫌いなんです。一つのけじめとして。


今、K沼ちゃんは地元の旅館の女将になっているようです。

でも、ほのかな思いを寄せていたMさんのその後は全くわかりません。


ここまでお読みいただいた方、ありがとうございます。お疲れ様でございました。

追伸:私は教師ではありませんのであしからず(笑)
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るぅ~しぃ
2006年10月04日 00:17
宵っ張りだから、たまに一番乗りできたりして
( ̄ー ̄)ニヤリッ
台風の後から体調を崩して、やっとこの頃復活しました(笑)早く寝ないから体調が悪くなるのも当たり前かな。
なるほど、信じ込まれてしまっては、後から訂正しにくいし…思い出すと苦笑いですね。
私の若き日の想い出は、赤面して苦笑いすることばっかりですわ~(笑)
涼華
2006年10月04日 18:32
私も大学は学習院でしたわ~。自分ではちゃんと言ったのに相手が間違えたのね。そんな事も有りました。訂正しませんでしたよ。面倒くさいから(^^)あれれ!嘘はやっぱりいけませんね。
マイルス・デイビス
2006年10月04日 20:36
実力至上主義ですから大学ブランドは関係ないと思います。トップはどこでもトップですから。5流大学でもトップはやはりどこへ行ってもトップですよ。1流大学でもビリはビリですよ。本人の力ですから。こつこつ力を付けていく人は強いです。目標をセットしている人はもっと強いですね。
悦ゴン☆
2006年10月04日 21:00
K沼さんは、覚えてるんだけど・・・
どうも Mさんを思い出しきれない・・・
う~~ん(^^;) 
四丁目
2006年10月05日 00:20
るぅ~しぃさん、お久しぶりです。体調を崩されていたとのこと、もう回復されたのですね。やはり、元気なるぅ~しぃさんがいいですよ。ぼちぼちやっていきましょう。そう、若いときのことって、本当に赤面することばかりですね。今はできませんよ~。
四丁目
2006年10月05日 00:26
涼華先輩へ。
タイミングを外して言いそびれちゃうことってありますよね。悪気はないのですが、説明するのも面倒ですから。決して騙すつもりはないのですが、誤解を生むことはままあります。誤解といえば、新婚当時妻と一緒に手相を見てもらったとき、易者さんに弟と間違われたことがありましたね。面倒くさいので訂正しませんでしたけど。
四丁目
2006年10月05日 00:30
マイルス・デイビスさんこんばんは。
まったくそのとおりだと思いますね。当時も母校に誇りをもっていましたが、年をとるにつれその思いは深まるばかりです。だからこそ、あのときすぐに訂正できなかった自分がくやしいのです。でも、言った人を嘘つきにしてしまうことはできませんでしたね。
四丁目
2006年10月05日 00:33
悦ゴン☆さんへ。
みんなそう言うんですよねぇ。でも、私の中では今でもはっきりと覚えていますよ(笑)
さて、話は変わりますが、『待ってること』って、もしかして息子さんのことでしょうか? 違っていたらごめんなさい。
セラ
2006年10月05日 13:42
四丁目さん こんにちは。
そういうことってありますよね~悪気もないし、だます気もないけれど、タイミングをはずして言いそびれてしまうことって。私は今でもよくあるんですよ(*^^)それと、私の場合は反応がちょっと遅いところがあって、気づいた時にはその話題は終わっていたりとかあるんです(~_~;)それにしても、あの欽ちゃん劇団は今から28年も前のことだったんですね~!いつの間にかすごい歳月が・・・テレビ見ていたはずなのに、私もなぜかMさんのことを思い出せないです^_^;
悦ゴン☆
2006年10月05日 19:17
ブッブ~~♪
まちがいで~す(笑)
2006年10月05日 20:34
ご自分で言ったのではないのですから・・・大丈夫でしょう。
“嘘を言う”のと“黙っている”は違うのではないかと。
四丁目
2006年10月05日 22:13
セラさん、ようこそ。
やっぱりMさんわかりませんか。どこかでこのブログを見てくれていたらいいなあ、と思いますね。
それと、そうですよねぇ。言いそびれることってよくあります。違うけど褒めてくれてるから、まっいいかって。訂正して角が立つよりはいいかなってこと。空気を読むことが大事ですね。
四丁目
2006年10月05日 22:14
悦ゴン☆さんへ。
ええ~、違いますか。じゃあ、なんだろう? 難しいですねぇ(汗)
四丁目
2006年10月05日 22:19
蒲公英さんへ。
そうですね。Mさんに対してはそれでいいと思います。騙したわけではないし。第一、本当のことを言ったからといって、どうってことないわけですから。でも、そういう場で本当のことを言う勇気が欲しかったですねぇ。今なら言えますけど(笑)

この記事へのトラックバック