団子坂慕情

団子坂を上ったところに私の出身高校があります。
この界隈には古道具屋や老舗のお菓子屋が点在し、今なお明治、昭和の名残が感じられるような街並みとなっています。

ところで、この坂ほど多くの文学作品に登場した坂も少ないと思います。
森鴎外の「青年」、二葉亭四迷の「浮雲」、また、この地に住んでいた夏目漱石の「三四郎」その他、幾多の作品にその名が登場いたします。

それはさておき、今日は高校時代の恩師のお話です。

高三の冬、私は健闘空しく(というより全く勉強しなかったため)大学受験に失敗し、浪人するはめとなりました。

友人と二人で報告に行った時、当時の担任だったI先生が「えっ・・・」と絶句し、たいへん残念がられたのです。
おそらくこのまま私たちが潰れてしまう、とでも思ったのでしょうね。

それを見た私たちは
「先生を悲しがらせちゃいけない」と、1年後の勝利の報告を心に誓いました。

~1年後~
私は、努力の甲斐あって全受験校に合格。友人も名門大学に合格しました。
そして、1年ぶりに友人とともに母校へ報告に行ったのです。

I先生にはたいへん喜んでいただきました。
「ごちそうするから待っていてね」とのお言葉。
土曜日の午後だったと思います。私と友人は、体育の授業を終えられたI先生とともに、池袋のお洒落なお店へ。(どんな店だったかは、さすがに忘れましたねぇ)

ジャージとは違い、先生のスカート姿がとても眩しかったのを覚えております。
それはいいとして・・・。

先生は「おめでとう」と言いながら、私たちにビールをごちそうしてくれたのです。
(えっ、これって法律違反ですね・・・笑)

「一杯だけよ」と、先生も美味しそうにビールを飲んでおりました。
この日が私の初めてのアルコール体験日となったのでした。

それにしても、I先生今頃どこでどうしているのでしょうか?(終)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月07日 00:12
「先生を悲しがらせちゃいけない」<
こんなふうに思えるなんて、素敵な先生だったんですね。

それはいいとして・・・<
アルコールデビューの日。
ちょっと気になります、野次馬です。
スカート姿が眩しいだなんて。。。
美衣弥
2006年06月07日 09:28
上記コメント美衣弥です。
そそっかしくて・・・
るぅ~しぃ
2006年06月07日 13:17
その先生は素敵な人だったんですね~
私の体育の女性の先生達ははゴツくて怖くて、たぶんスカートをはいても眩しくないんじゃないかと・・・(笑)男子に聞いたことはありませんが。
住人
2006年06月07日 22:07
美衣弥さん、るぅ~しぃさん!
はい、とても素敵な先生でした。普段はジャージ姿だったので、余計にそう思ったのだと思います。あの時のビールの味は全然覚えておりません。
2006年06月07日 22:26
こんばんは。
初めておじゃまします(^^)
団子坂というと、今は音信不通になってしまった
知人がいるのですが、その人も確か団子坂近くの高校の出身だったことを懐かしく思い出しました。私もずい分前ですが、あのあたりを歩いたような記憶があります。
住人さんは、きっとその先生にほのかな思いを抱いていらっしゃったのかもしれないですね(*^^)
今もお元気でいらっしゃるとよいですね。
クラス会はないのでしょうか?
その時のお友達もどうされているのでしょうね。
住人
2006年06月07日 23:48
セラさんへ!
団子坂の近くにはいくつか高校がありますが、もしかしたら同じかもしれませんね。
クラス会はやらなくなりましたねぇ。中学のも15年以上前にやったきりです。だんだんそうなっていくのでしょうか。それに、いまさら同級生に会うのも気恥ずかしい気もしてます。
どうか、またいらしてください。
2006年06月08日 08:41
先生は女性だったんですね。途中までずっと男性だと思って読んでました。私のお世話になった先生が男性だったものだから。ついついそんなイメージで読んでしまいました。高校時代にお世話になった先生は今、どうしているんでしょうね。このブログを読んで、私もふと思い出してしまいました。
住人
2006年06月08日 22:30
アロマさんへ!
会いたくなるときってありますね。私も小学校の恩師には時々お会いします。そのたびに「○○君、立派になったねぇ」と言われますが、いつまでたっても、教え子なんですね。先生にとっては。

この記事へのトラックバック