教師だって飲まなきゃやってられない気持ちわかります!

美衣弥さんのコメントを読み、長男の林間学校に一緒に行った時のことを思い出しました。今夜はその時のことを書かせてもらいます。(美衣弥さんすみません!)

長男は小五の時喘息で、発作時にはネブライザー(吸入器)を使用していました。そのため林間学校には親がついてきて欲しい、という学校の要請があり、私が参加したのです。長男もさぞかし恥ずかしかったことと思います。一応、父兄の代表でお手伝いに来ていただいた、ということにして、同じバスに乗せられたのです。

あとは想像におまかせします。結局、発作は一度もなく無事に帰ってまいりました。

さて、今夜のお話のメインはここからです・・・。

夜、消灯時間になり生徒たちは就寝。その後、私と写真屋さんが教頭先生の部屋に呼び出されました。これから、反省会が始まるので参加してほしいとのこと。
一応それぞれ反省を述べた後、やはり、宴会の始まりです。予想はしてましたが、先生たちも普通の人間かと・・・。

他の学年の先生方からの差し入れのビールやら(一応私も事前に情報は入手していたので差し入れしておきましたけど)つまみを並べて、あとはどこにでもある普通の宴会モードに突入。私も共犯ということか・・・。ん・・・。

途中、若い男の先生が教頭先生の命令で生徒の見回りに・・・。(その先生は飲んでなかったかも・・・)上下関係は厳しい・・・?
躊躇っていた養護の先生も少しだけ、と言いながら飲んでましたね。教頭も酔っ払って教育論議。。私も父兄代表で盛り上がりました。
でも、3日間先生たちと行動を共にしてわかったこと・・。こうでもしなけりゃ教師なんてやってられないんだろうな、とつくづく感じたしだいです。

でも、翌日の山登りはきつかったなあ・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月24日 03:47
何だか・・複雑ですが有り難きお言葉。
ま、夜くらいは、ね。息抜きさせてあげたいな~とは思います。ただ・・たかが数日くらい・・お酒なしで我慢できないの?とも思ったり。もし我が子が林間学校中の夜中に、急病で病院へ行った時、そこでお酒臭い教師と面会する状態になったら・・・私としては怒りが収まらないかも?とも思ったり。
『飲んでも良いけど、それで生徒が手遅れになったり父兄に反感を買う様な事になったら・・教師として、と言うより人として軽蔑されるでしょうね。』と言う予定です。
来月、主人は修学旅行ですから。
責任重大の学年主任として。
るぅ~しぃ
2006年05月24日 22:49
ネブライザーですか、かなり重い喘息だったんですね。うちの娘も喘息や肺炎で入退院を繰り返しました。学校の先生もストレスで大変でしょうね。生徒は問題ばかり起こすし、保護者はすぐに苦情を言ってくるし、教育委員会はプレッシャーをかけてくるし、飲み会は多いし、自分の時間も取れないし・・・それを支えるご家族もそれ以上に大変なんでしょうね。
住人
2006年05月24日 23:11
蒲公英さん、こんばんは!親の立場としたらそのとおりでしょうね。でも、お酒を飲まないにしても、なんらかの交流は必要だと思います。この話はもう大分前のことですから、今はこんなことはないのだと思いますが・・・。でも、ご主人も大変ですね。ひょっとして・・・家にいるよりほっとしていたりして・・・・。
住人
2006年05月24日 23:16
るぅ~しぃさん、こんばんは!長男は、高校3年になってやっと薬を飲まなくなりました。思えば、本人も家族も大変でしたねぇ。
学校の先生も大変だと思います。手をあげようものなら、すぐに通報されますからね。思い切った教育もできないんでしょう。だから子dpもたちも・・・。何か悪循環のような気がします。
蒲公英
2006年05月25日 07:03
うふふ・・
そうですね。
家で家事をしているより良いかも?
2006年05月25日 16:10
どういたしまして・・・
息子さん大変でしたね。美衣弥の娘のことは、書いていると感情的になってしまって、まだ纏まっていません^^;もう少し掛かりそうです。
中一の時、能登研修があって、出発式の後見送って、友人に言われました、「バスの後ついて行きそうな顔しているよ」
息子さんは、恥ずかしがったようですが、心配ですモンね。先生も住人さんが行かれたことで安心されたでしょうね。
無事が当たり前、少しでも何かあったら大事、先生は大変です。市の校長先生方と、PTA本部の会合(宴会)に出る機会が在ったんですが、PTA本部役員に対する校長先生方の気遣いようは、大変なものでした。あれではお酒も飲みたくなるでしょうね。
四丁目の住人
2006年05月25日 21:57
美衣弥さん!能登研修のお話はあとで聞かせてください。でも・・・今でもあの時は万全の準備で臨んだゆえに(父も来ている、という安心感から)発作も出なかったんだと思ってます。行ってよかったと・・・。家に帰った途端ぜいぜいしてましたから。それと、校長先生はPTAの皆さんを特別な存在だと考えているのでしょうね。それではまた。

この記事へのトラックバック