出会って半年で結婚しました

今日は職場関係の懇親会があり、先ほど帰ってまいりました。そんなわけで少しほろ酔い気分です。
今夜もちょっと昔話です。聞き流してください。

妻とは出会って半年で結婚しました。就職して3年目の夏。初めて会ったのは職場の受付。当時は同じ職場でした。目が合ったとき、彼女の頬がぽぉ~っと薄紅色に染まったような錯覚を覚えたのです。

以来、生まれて初めて経験した長電話。同僚の目も気にせず通った居酒屋。
そんな私に結婚を決意させたのは、「食べてくださいね」と、残業の私の健康を気づかって?作ってくれたお弁当を受け取った時。

真夏に出会い、翌年の2月には結婚式を挙げておりました。

式の当日は朝から粉雪が舞うあいにくの天気。
新婚旅行出発の日も朝から大雪警報。羽田までの道のりが長かったこと。
帰りも大雪。羽田に着陸できない場合は仙台まで直行する、との機内アナウンスに
「そうなったらおもしろいね」と、顔を見合わせて笑ったものです。

しかし・・・、もう随分と長い間、手作り弁当なるものを食しておりません。
目があっても、頬は薄紅色に染まらないどころか、その目を反らす始末。
話もろくにせず、今では本当に受付に座っていたの?と言われるような体型に・・・。

でも・・・お互い様ですね。
妻がこの記事を見ていないことを祈りつつ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るぅ~しぃ
2006年05月19日 22:33
こんばんは~職場結婚だったんですね。しかも半年で・・・!すごいですね!うちは一年ぐらいで結婚しました。もう少し長く付き合っていたら結婚してなかったかもです( ̄ー ̄)ニヤリッ
柿木
2006年05月19日 22:37
こんばんは!なんか羨ましいですね。
私は見合い結婚です(最近は皆さん敬遠するみたいですが)。好きですきで結婚という訳にはいきませんでした。結婚してから、だんだん育て上げてきた感じです。(笑い)
四丁目の住人
2006年05月20日 00:06
るぅ~しぃさん!柿木さん!こんばんは。言葉足らずだったようです。職場結婚には違いないのですが、実は出会った後、偶然にも別のルートから妻とのお見合いの話がありました。てなわけでお見合いもしました。つまりは、お見合い結婚ということになるのだと思います。それが最初で最後のお見合いでした。どちらかというと、妻よりも義母に好かれたようで・・・。でも、柿木さん!お見合いも恋愛も出会いの形が違うだけで、好きになるのは一緒だと思うのですが・・・。
2006年05月21日 00:02
電撃結婚に近い物がありますね(^^)
私は、お互い18の終わりに知り合って。23で結婚しました。さすがに、目を合わして、頬は薄紅色にはなりませんね^^;
今年10月で26年になりますから。見栄えのことを言うと、お互い詐欺だと言うことになりますかねぇ~
四丁目の住人
2006年05月21日 00:17
詐欺?かもしれませんね。でも無罪です・・・。結婚を決意した時というのは、お互いにそんな先のことまでは考えられないものだと思います。誰もが、未来はこうなって、こうして、ああなるってことまで考えて結婚するでしょうか?その時は相手の良いところしか見えてないですよね。無罪というか、時効でしょうか。それにしても、26年ですか。きっと様々ドラマや、紆余曲折があったと想像いたします。
柿木
2006年05月21日 18:48
こんばんは、四丁目の住人さん。
好きでどうしても一緒になりたいが恋愛、
私の場合 断るところが見つからなくて結婚、その後居なければ困る人になった、感じですかね。
四丁目の住人
2006年05月21日 20:38
柿木さん、確かにそうですよ。好きで結婚しても別れる人はたくさんいます。結婚してから、居なければ困る人になったなんて素敵じゃないですか。結婚後の方が長いわけですから・・・。理想の形ではないでしょうか。
2006年05月21日 22:07
電撃ですねぇ。結婚はある意味、勢いが必要ですからね。私も若かったなぁ。23歳でしたからね。もう少し、年をとっていたら、絶対に結婚してなかった。一番好きな人とは結婚しちゃいけないんだって。あ~~~~もう!
2006年05月22日 21:59
あら、楽しそうなお話。参加させて頂きますね。半年で結婚・・でも勢いですよね?勢いでしないとできないもの?かもしれませんね。
私は「結婚して欲しい」と言われて「嫌です」と平気で言ってのけた最低な女でしたの。それでも求婚されたので・・・
条件をつけました。これを言ったら絶対に断ってくるだろうと思ったから。そうしたら顔色一つ変えずに「いいよ」なんて言われてしまいました!
その条件は16年経った今でも継続されています。それは何か?って・・・?
『家事は一切しません!』と。
2006年05月22日 23:00
蒲公英さん!家事はご主人が・・・16年もされているのですか?おそれいりました。ご主人!。でも、私も好きな人にそう言われたら、ためらいなく「いいよ」と、言っているはずです。そして今頃、「まったく・・・」なんて嘆いているかもしれません。幸い、妻はそんなことを言わなかったので、なんとか助かってます。
蒲公英
2006年05月23日 08:18
本当に跳び蹴りですよね。信じられません、こんな人・・よくもこんな傲慢さがまかり通ったものだと。
ま、子が生まれてからは、夫の帰宅を待って夕食、という訳にもいきませんでしたのでご飯は作っていますが。作るだけ、です。でも最近、彼は調理にも興味が出たらしいです。興味あるなら、ね~それを伸ばしたら良いと思うんですよ。
お邪魔は致しません。うふふ・・
美衣弥
2006年05月23日 18:21
蒲公英さん、凄い(^^)
恐れ入りました(^^;)
ご馳走様ですm(_ _)m
四丁目の住人
2006年05月23日 20:34
みなさんこんばんは!ちなみに、住人宅では朝の洗濯干しと朝夕食の片付けは長女。風呂掃除と洗濯たたみ、それと米を研いでご飯を炊くのが一浪中の長男。住人は木曜日のごみ出しと、最近は交代で行う買い物。早く帰ったときの夕食作りを担当してます。なぜか次女は免除です。
2006年05月24日 20:37
蒲公英さん、素敵!!夫の操縦は最初が肝心なんですってねぇ。私は良妻を演じてしまってなんでやってあげてしまったので、大失敗。火事、育児をすべて1人で抱え込んでしまって・・・。したがって今は、夫はほったらかし~~。
住人さんの奥様もいいなぁ。ま、家ももう少しの辛抱かな。子供が大きくなるから。
2006年05月24日 20:38
家事が、火事になってる~~。ごめんなさい
悦ゴン☆
2006年05月31日 21:26
みんな 幸せそうですね……
四丁目の住人
2006年05月31日 23:08
悦ゴンさんも、お幸せそうですよ。

この記事へのトラックバック